次世代住宅ポイント制度の新型コロナウイルス感染症対応

新型コロナウイルス感染症対応 次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイントは、省エネ性や耐震性、バリアフリー性能等の一定条件を満たす住宅や家事負担の軽減などに資する住宅の新築もしくはリフォームをされた方に対し、様々な商品と交換できるポイントが発行される制度になります。

新型コロナウイルスの影響によって2020年(令和2年)3月31日(火)迄に契約ができなかった方で、2020年(令和2年)4月7日(火)~8月31日(月)迄に契約を行った場合にはポイントの申請が可能となりました。

目次

  • 1. 新型コロナウイルスの影響によって契約ができなかった事例
  • 2. ポイント発行申請と交換申込期間のスケジュール
  • 3. 次世代住宅ポイントの「新型コロナウイルス感染症対応」でよくある質問
  • 4. 商品交換の申込期限

新型コロナウイルスの影響によって契約ができなかった事例

以下は、新型コロナウイルス感染症が原因で契約できなかったいくつかの事例になります。

・事業者から受注・契約を断られた場合
・事業者との契約を解除した場合
・引渡し時期の見込みが立たず、契約をあきらめた場合
・本制度を利用できる見込みが立たず、契約をあきらめた場合

ポイント発行申請と交換申込期間のスケジュール

コロナ 次世代住宅ポイント

[申請開始]
2020年6月1日(月)

[申請期限]
2020年8月31日(月)※予定
申請期限前であっても、予算額に達し次第終了となります。

[商品交換申込期間]
2020年6月1日(月)~2020年11月30日(月)

次世代住宅ポイントの「新型コロナウイルス感染症対応」でよくある質問

以下は、次世代住宅ポイント事務局が運営している国土交通省のサイトに掲載されている「次世代住宅ポイントの新型コロナウイルス感染症対応に関するよくある質問」のまとめ(抜粋)になります。

Q. 新型コロナウイルス感染症対応が実施される目的はなんですか?
A. 新型コロナウイルス感染症の影響により、やむを得ず工事請負契約(不動産売買契約)の締結を2020年3月31日までに行えなかった方を対象に、ポイント発行の申請を可能とすることを目的としています。

Q. 本措置の予算はどのくらいですか?
A. 本措置は当初の制度の次世代住宅ポイントの予算で実施するものです。
当初の制度と本措置をあわせて、1,300億円となります。

Q. この措置は、来年度以降も続きますか?
A. 本措置のポイント発行申請は、遅くとも2020年8月31日までです。

Q. 工事完了や引渡し、入居はいつまでにする必要がありますか?
A. 工事完了や引渡しの期限は設けておりませんが、ポイント発行申請期限や完了報告期限を設けていますのでご注意ください。

Q. 申請に費用はかかりますか?
A. 申請手数料はかかりません。
ただし、申請時に必要な提出書類の準備(各書類の発行手数料、書類のコピー代、郵送料等)は、申請者のご負担になります。

Q. 申請書はどのように提出しますか?
A. ポイント発行の申請は、当初の制度と同様に、申請書類を直接事務局へ郵送するか、受付窓口へ持参することにより申請できる予定です。

国土交通省 次世代住宅ポイント事務局. "よくあるご質問". 次世代住宅ポイント新型コロナウイルス感染症対応. 2020-04-27. https://2020.jisedai-points.jp/faq/
https://2020.jisedai-points.jp/doc/c_faq_overall.pdf

商品交換の申込期限

次世代住宅ポイント制度で利用できる商品交換の申込期限は、2020年9月30日(水)迄となっています。

ただし、今回新型コロナウイルス感染症対応の申請をした方の商品交換の申込期限は2020年11月30日(月)迄になります。

11月に入ると多くの申込が予想され、通常よりも手続きなどに時間を要する可能性があるので、お早めの交換申込がおすすめです。

以上、次世代住宅ポイント制度の新型コロナウイルス感染症対応のまとめでした。