次世代住宅ポイントとは

住宅を新築で建てたり、ご自宅をリフォームした消費者に対して、国土交通省がポイントを付与してくれる補助金制度です。これは、消費税が10%に引き上げられる2019年(令和元年)10月以降に住宅を新築される方やリフォームされる方を支援することを目的としています。 付与されるポイントは、新築の場合で最大35万円相当、リフォームの場合は最大30~60万円相当のポイントとなり、消費者はポイントに応じていろいろな商品と交換できる仕組みです。

ポイントがもらえる対象は? どんな新築・リフォームが対象になるの?

国土交通省の発表では、「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象とされています。 具体的には下記のような項目です。

新築の場合

下記のいずれかに適合する場合に、1戸あたり上限35万ポイントとして発行

エコ住宅 (断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅)

長持ち住宅 (劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)

耐震住宅 (耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)

バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

リフォームの場合

1戸あたりの上限を30万ポイントとして発行
※ただし、若者・子育て世帯によるリフォームや一定の既存住宅の購入 に伴うリフォームの場合は上限を引上げ

窓・ドアの断熱改修

外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

エコ住宅設備の設置

耐震改修

バリアフリー改修

家事負担軽減に資する設備の設置

若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事 等

※細かい発行の条件は、国土交通省のサイトでご確認ください。

ポイントが付与される期間、商品交換できる期間はいつなの?

次世代住宅ポイント制度は消費税率アップの支援ですので、消費税率が10%ととなる「2019年(令和元年)10月1日以降に引き渡しが完了する物件」であることがポイント受け取りの条件となります。また、施主様と施工業者様との契約の時期、着工のタイミングなどにより、対象が異なりますので、ご確認いただくのがよろしいかと思います。

次世代住宅ポイント制度期間スケジュール表

※2018年12月20日までに完了検査の検査済証が発行されたもの

もらったポイントはどんな商品と交換できるの?

付与されたポイントは1ポイント=1円相当として商品と交換可能です。具体的な商品の発表は未だ先ですが、商品カテゴリは下記の通りと発表がありました。

次世代住宅ポイント交換対象商品の分類カテゴリ

省エネ・環境配慮に優れた商品

環境上の課題に配慮して生産・加工等され、省エネ・環境配慮に優れた以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

PC・プリンタ・スキャナ・ディスプレイ(その他周辺機器・サプライ含む)
テレビ・レコーダー・プロジェクター
エアコン 照明機器・電球 寝具
カーテン・ブラインド 園芸用品

防災関連商品

災害発生時の被害の防止・抑制や円滑な避難、生活手段の確保・維持等に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

食料品(非常食・保存食)
住宅内の被害防止・抑制に資するもの
その他の防災・避難用品

健康関連商品

健康の保持増進や高齢者が安心して生活できる環境づくりに資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

食料品 アウトドア用品・自転車
スポーツ用品(例:グローブ、ボール、バットなど)
健康器具 健康家電
エアコン・扇風機・ストーブ・ヒーター

家事負担軽減に資する商品

家事負担の軽減に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

キッチン家電 掃除・洗濯家電
スマートスピーカー
キッチン・バス・トイレ・洗濯・掃除用品
自転車

子育て関連商品

家事負担の軽減に資する以下のいずれかのカテゴリに分類される商品

家具(学習机等に限る)
文具、事務用品、ランドセル
玩具 絵本 参考書、辞書、図鑑
ベビーカー、ベビーシート、チャイルドシート
ベビー・キッズ用品 自転車

地域振興に資する商品

地域の振興に資する国内の特定の地域における地域資源を活かした生産・加工等を経た農林水産物、畜産物、加工食品・飲料、伝統工芸品等の商品

肉・魚・野菜・果物 練り物・缶詰
酒・ジュース 陶磁器 木製家具
織物、編み物、染め物 他

商品交換の流れを教えて!

まずは、国土交通省が開設する次世代住宅ポイント事務局にポイントの申請を行う必要があります。商品の交換申請は2019年(令和元年)10月頃から受け付け開始予定です。申請後ポイントが発行され、交換したい商品が決まったら、事務局に商品交換申請を行います。お手元にポイントが残っていれば、期間内で何度も商品交換が可能です。

次世代住宅ポイント制度交換フロー

次世代住宅ポイントの発行対象となる施工内容と付与されるポイント数

次世代住宅ポイントの発行対象となる区分は、「新築」「リフォーム」の2つに大きく分けられます。

CASE 1

新築の場合
注文住宅の新築 新築分譲住宅の購入

CASE 2

リフォームの場合
CASE 1
新築の場合〔注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入〕

下記ABCの合計ポイント
一戸につき上限ポイント数 350,000ポイント

※1申請あたり20,000ポイント​未満の場合はポイント発行申請ができません。ご注意ください。

A 〔 標準ポイント 〕

性能 ポイント数
1 エコ住宅
断熱等級4又は一次エネ等 級4を満たす住宅
1 4

いずれかに適合する場合、
1 戸あたり
300,000ポイント
2 長持ち住宅
劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅
3 耐震住宅
耐震等級2を満たす住宅又 は免震建築物
4 バリアフリー住宅
高齢者等配慮対策 等級3を満たす住宅

B 〔 優良ポイント 〕

性能 ポイント数
1 認定長期優良住宅 1 4

いずれかに適合する場合、
1 戸あたり
50,000ポイント
2 低炭素認定住宅
3 性能向上計画認定住宅
4 ZEH

C 〔 オプションポイント 〕

性能 ポイント数
家事負担
軽減設備
ビルトイン食器洗機 18,000ポイント
ビルトイン自動調理対応コンロ 9,000ポイント
掃除しやすいレンジフード 12,000ポイント
掃除しやすいトイレ 18,000ポイント
浴室乾燥機 18,000ポイント
宅配ボックス 10,000ポイント
耐震性のない住宅の建替 150,000ポイント
CASE 2
リフォームの場合
 

下記施工の合計ポイント
上限ポイント数 300,000ポイント

A 〔 標準ポイント 〕

性能 ポイント数
断熱改修(内外窓、ガラス) 2,000~20,000ポイント×箇所数
断熱改修(ドア) 24000、28,000ポイント×箇所数
断熱改修(外壁) 50,000、100,000ポイント
断熱改修(屋根・天井) 16,000、32,000ポイント
断熱改修(床) 30,000、60,000ポイント
エコ住宅設備(太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効 率給湯器) 24,000ポイント
エコ住宅設備(節水型トイレ) 16,000ポイント
エコ住宅設備(節湯水栓) 4,000ポイント
耐震改修 150,000ポイント
バリアフリー改修(手すり) 5,000ポイント
バリアフリー改修(段差解消) 6,000ポイント
バリアフリー改修(廊下幅等拡張) 28,000ポイント
バリアフリー改修(ホームエレベーター設置) 150,000ポイント
バリアフリー改修(衝撃緩和畳の設置) 17,000ポイント
家事負担軽減設備(ビルトイン食器洗機、掃除しやす いトイレ、浴室乾燥機) 18,000ポイント
家事負担軽減設備(掃除しやすいレンジフード) 9,000ポイント
家事負担軽減設備(ビルトイン自動調理対応コンロ) 12,000ポイント
家事負担軽減設備(宅配ボックス) 10,000ポイント
リフォーム瑕疵保険の加入、インスペクションの実施 7,000ポイント
若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円 以上のリフォーム 100,000ポイント

上限特例1

若者・子育て世帯※がリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ(既存住宅の購入を伴う場合は、上限60万ポイントに引上げ)

※「若者・子育て世帯」とは?
2018年12月21日(閣議決定日)時点で40歳未満、もしくは18歳未満の子供がいる世帯、又は申請時点で18歳未満の子供がいる世帯。

上限特例2

若者・子育て世帯以外の世帯で、安心R住宅※を購入しリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ

※「安心R住宅」とは
国土交通省が中古住宅のマイナスイメージを払拭し、既存住宅の流通を促進するための制度。耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅で、リフォーム等について情報提供が行われている既存住宅をいう。

算定特例

若者・子育て世帯以外の世帯で、安心R住宅※を購入しリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ

既存住宅を購入しリフォームを行う場合、各リフォームのポイントを2倍カウント(若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円以上のリフォームを除く)